ドイツのクリスマス

10,000円以上お買い上げで送料無料 ※沖縄・離島は別途送料
0743-75-8641

お気軽にお問合わせください 平日10:00〜19:00

店名

ショップ・ダンケ

住所

〒630-0261
奈良県生駒市 西旭丘12-28-301

連絡先

0743-75-8641

トップDankeお役立ちコラム > ドイツのクリスマス

ドイツのクリスマス

クリスマスのスケジュール 4週間かけてクリスマスムードを高めていく

ドイツでは、地域ごとに、何百年と続いてきたクリスマスをお祝いする習慣があります。
イエス・キリストの生誕を、お祝いする大切な行事ですが、東西ドイツ統一後まもないライプッチヒの教会で、誰でも入れるミサに、たまたま出たとき、牧師さんが、家族や友達などだけでなく、戦乱にある国々の人々にも、想いを馳せ平安が訪れるように、別の信仰を持つ人々にも、幸せを祈るお説教をされた時、この場に居合わせたことを、感謝しました。

ドイツでは、クリスマスの準備が始まるのは、11月末の日曜日から、クリスマスの4回前の日曜日から、クリスマスシーズンが始まり、ドイツ語で、Advent(アドヴェント)=(待降節)といいます。

この時期、アドベントクランツを飾ります。これはもみの木などで作られたリースに、4本のろうそくを立てたものです。
その上に、松ぼっくりやドライフラワー、リボンを飾るなど、豪華にしたりします。
テーブルに置くだけでなく、吊り下げる形にすることもあります。

クリスマスからさかのぼって4つ前の日曜日が第一アドベントとなり、1本目のろうそくに火を灯します。
それから日曜日が来るごとに1本ずつ火を灯してクリスマス気分を盛り上げていきます。
4つの「アドベント」の週末を迎えてのクリスマス。
それだけ、ドイツ人にとっては、待ちわびるクリスマス。
町が、どんどんアドベントごとに、にぎにぎしくなってきます。
日本より、一般的に、消費意欲やモノを買うことに興味が高いとはいえないドイツですが、クリスマスシーズンだけは違います。
町が、クリスマス色を強めていきます。

アドベントカレンダー

12月になると、家庭では、アドベントカレンダー(待降節の暦)というのが飾られます。
これは12月1日から12月24日までの数字が窓になっている一枚のカレンダーです。
毎朝その日の日付の入った窓をひとつずつ開けると、かわいい絵が出てきます。
アドベントカレンダーは、自作する人も多く、引き出しのようになっているものもあれば、袋を吊るしたものまで、さまざま。
入っているものは、小さいキャンディーやチョコレート。あるいはプレゼントとの交換券など、いちいち可愛く包装していきます。
11月になると大人も、子供たちも、アドベントカレンダーがあることで、クリスマスを待ちわびる気持ちが、盛り上がってきます。
一気にあけてしまいたい気持ちをおさえてのが、子供にとっては我慢のしどころ。
それでも毎日一粒ずつチョコレートを食べながら「もういくつ寝るとクリスマス」と心待ちにしています。

また市庁舎や教会が、アドベントカレンダーに彩られることもあります。

大人たちは、この日めくりカレンダーをめくることで、クリスマスに向けて、何を準備しなくてはいけないかを気に掛けます。
今日は、プレゼントを買う。明日は、クッキーを焼く、カードを出すなど、クリスマスまでにしないといけない用事は、たくさんあります。
日本でお正月への準備に似ているかもしれません。

クリスマスの準備 お菓子を焼く

クリスマスが近づくと、ドイツ家庭ではクッキーをたくさん焼くのが習慣。
一度に数種類作って、家族で食べるのはもちろん、きれいにパッキングして、友人にもプレゼントします。

私は、ドイツに来て半年もならない頃、「フォルクスホッホシューレ」というドイツの各都市にあるカルチュアセンターに行って、「クリスマスのクッキー作り」のクラスに習いにいったことがあります。
ドイツでは、小麦粉と同じ量くらい、アーモンド粉を使ったり、香辛料を使ったりと、クッキーに味が立っているという仕上がりです。
ドイツ人の世話好きのおばさんに、教えてもらって、言葉がわからなくても見よう見まねで作業して、2時間足らずの間に、たくさんの種類のクッキーを焼き上げました。その時の手書きで書いてもらった「レシピ」は、今でも宝物です。

特徴的なドイツのクリスマス菓子を2つ紹介しておきます。

レープクーヘン

ケーキとクッキーの中間のような焼き菓子で、特徴的なのは、生地に様々な香辛料(シナモン、カルダモン、ナツメグ、コリアンダー等)を混ぜ合わせて作られていて、少々味が複雑なので、日本人には、好みの分かれるクッキーかもしれません。
クリスマスマーケットで、レープクーヘンを、厚めにハートの形に焼き、アイシングで、文字を入れて飾ったりするのを、売っています。
子供が、首から下げているとかわいいですが、これは、基本的に、飾り用です。

シュトレン

シュトレンとは、ドライフルーツやマジパンが入り、表面には粉砂糖がたっぷり。
どっしりしたケーキのようなドイツの伝統のイースト菓子です。
シュトレンの形や粉砂糖が真っ白にかかっている様子は、イエス・キリストがおくるみに包まれた姿を象徴しているとも言われています。
こちらは、日本人にも好まれる味で、薄くスライスして、いただきます。
シュトレンは日が経つほどにフルーツの風味が生地へ移って行き、少しずつ熟成が進んで行く味の変化も楽しめます。
日持ちするお菓子なので、プレゼントにも向いています。

聖ニコラウスの日 

聖ニコラウスは、4世紀、トルコで生まれた司教で、徳を積み、人々から厚く信頼されたとのことでした。
彼は,教会の装飾品を売り貧しい家族を援助したとか,飢饉の時に穀物倉庫を解放して,無料でパンを奉仕したと言ったようなお話が残っています。

12月6日、彼の命日の日。その前の晩、ドイツの子供たちは、自分のブーツをきれいに磨いて眠りにつきます。

聖ニコラウスは、司教帽をかぶり、司教杖を持ち、金色の本を持って子供たちのところへやってきます。
そこには全ての子供の1年間の様子が書いてあり、良い子には、ブーツ一杯のお菓子や果物、プレゼントを置いて行ってくれるとされているからです。

クネヒト・ルプレヒトという従者とともにやってきて、悪い子にはルプレヒトがモミの小枝の鞭を打ち、袋に入れて連れてっちゃうそう。
なんだか、日本の秋田の「なまはげ」みたいなキャラクターですね。
どの国も、子供への教訓や、言い伝えは似ています。

ドイツの子供たちは、クリスマスイブだけでなく、この日もプレゼントをもらえるから、ほくほくなんです。

ツリーを飾り、クリスマスイブ

クリスマツリーは、12月に入れば飾る家庭もありますが、12月23〜4日になって飾る家も珍しくありません。
日本では、年々早く11月の終わりくらいから、商業施設など、特に争うようにして、華やかなイルミネーションに彩られますが、本場は、のんびりしたものなのです。だだ、お墓参りをして、お墓用のデコレーションは、11月が多いようです。

ドイツで驚いたのは、本物のモミの木を買ってきて飾る家が多いということです。
モミの木のいい香りがして、その飾りつけに夢中になるのは、子供たちと女性です。
「ショップダンケ」が提案するエルツのオーナメントで、飾ると可愛いくて、素朴なツリーが出来上がります。

クリスマスには、プレゼントの交換がつきもの。家族みんなのプレゼントを用意して、いちいちキレイにラッピングします。
クリスマスプレゼントは、もみの木の下に置いておくことが多いですね。

クリスマスのお昼は、簡単に済ませて、教会へ行き、「キリストの誕生劇」は、若い世代にも人気!見にいく人が多いです。
深夜のクリスマスミサに行くのは、カトリックの人たちが多いようです。
厳粛な雰囲気のなかのミサ、聖歌の合唱。
伝統的なクリスマスの神髄は、ここにあるような気がします。

その間にあるのが、お楽しみクリスマスディナー
最も、ポピュラーなのが、ガチョウのオーブン焼き。
私もドイツ人の友達のところへ行って、数時間もかかって、大きなガチョウを焼き上げてもらって、食べた美味しさは忘れられません。
クリスマスディナーは、おうちにより、腕のみせどころとなります。
そのあとに、待ちに待ったクリスマスプレゼントの交換。家族団らんの時間を楽しみます。

イブの午後からは、もう、すべてが家庭単位で動かないドイツでは、海外からの留学生や独り者の外国人は、最も寂しい日を迎えることになります。12月25〜27日も休みのことが多く、年末まで、街には精彩がなく、日本の年末年始のドイツツアーというのは、外国人客には物足らないものになります。出かけるなら、クリスマスマーケットのやっている最中までに(通常クリスマスイブの午前中でおしまい)

最後にドイツのクリスマス気分を味わってもらうために、ドイツのクリスマスソングとして最も、ポピュラーなもみの木の歌を聴いていただきましょう。

お役立ちコラム

通販のクリスマス雑貨は、オーナメント・置物など様々なカテゴリから選べる【ショップ ダンケ】

店名 ショップ ・ダンケ
住所 〒630-0261
奈良県生駒市 西旭丘12-28-301
連絡先 0743-75-8641
URL http://www.office-danke.com/shop