年中楽しめるアイテム 〜ミニチュア〜

10,000円以上お買い上げで送料無料 ※沖縄・離島は別途送料
0743-75-8641

お気軽にお問合わせください 平日10:00〜19:00

店名

ショップ・ダンケ

住所

〒630-0261
奈良県生駒市 西旭丘12-28-301

連絡先

0743-75-8641

トップDankeお役立ちコラム > 年中楽しめるアイテム 〜ミニチュア〜

年中楽しめるアイテム 〜ミニチュア〜

ミニチュア製品が発達した理由

1989年に、東西ドイツが統一されるまで、エルツ山脈地方は、東ドイツに属していました。
東ドイツ時代、エルツ山脈地方で作られた木製のおもちゃは、外貨獲得のため、西ドイツへ輸出されていました。
その輸出の際の関税が重量によって、決められていたため、少しでも関税を安くするため、小さなものが、工夫されて作られるようになりました。エルツ山脈のおもちゃの中には、とても小さなミニチュアで作られたものがたくさんあります。

マッチ箱

その代表的なものの一つがマッチ箱です。

「マッチ箱のミニチュア」も、エルツ山脈地方で作られる木製工芸品として、その風俗、習慣、生活ぶりを、色濃くテーマとして、選んでいます。森での風景、教会に通う人々、団らんの情景、動物たち、サンタさん、メルヘンから、インスピレーションを得たものなど、「ドイツ」を感じさせるものばかりです。小さな世界に、広がる豊かな世界!
マッチ箱は、コレクションアイテムとしても、有名です。

「何も何も小さきものは、皆うつくし」清少納言

何百年も前に書いたとおり、小さいミニチュアは、日本人は、大好き。特に女性の心をわしづかみにしたのです。

わっぱ箱

かんなで削ったドイツの「トウヒ」は薄い板で、作られた楕円形の箱を見たとき、「わっぱ箱」だと思い、カテゴリー欄にも、「わっぱ箱」としましたが、この曲木細工は、ミニチュアや、おもちゃの持ち運びや、保存に便利です。
作り方は、板を、水に浸し、柔らかくしてから、型に入れて成形をするものです。

これから説明するエルツ山脈工芸品、独特の技法、「ライフェンドレーエン」で作り出す動物や、小さなおもちゃを入れるものにぴったりです。木を大事にするおもちゃ職人ならではの工夫ですね。

高度なろくろ技術 〜ライフェンドレーヘンで、動物たちを一気に生み出す〜

エルツ山脈の木製工芸品の技法で、特徴的な技術に「ライフェンドレーヘン」があります。
輪切りにした太い木材を、ろくろに固定し、断面が、動物の形になるように、ドーナッツ状の輪を削り出します。
どれくらい削ったら、動物の形になるかは、職人さんの経験と勘。
その輪を切り割ると、金太郎あめのように、多くの動物ができあがります。
細部を削って、形を整えたら出来上がりです。その集大成といえるものが、ノアの箱舟に乗った動物たちと言えます。

こうして、短時間に大量の制作が、可能となり、他の産地との競争に勝ち、ザイフェンの名前が知れ渡ることになりました。

動物ものは、うさぎが、春にたくさん

日本では、少しずつ定着してきた気配ですが、キリスト教国にとっては、春のイースターは大事な行事。
なぜなら、キリストの復活をお祝いする行事だからです。
イースターにおいて、うさぎは、たくさん子供を産むことから、豊かな生命の象徴とされています。
もちろん、卵そのものも、生命の誕生を意味するものなので、エルツの木工芸品としてのうさぎも、卵を持っているうさぎさんが多いです。

ミニチュアの多様性は、クリスマス以外の季節でも、年中飾れて、愛されるものとして、エルツ山脈の木製おもちゃとして、定着していった。
ミニチュアは、オーナメントの小物として、すぐに利用できるだけでなく、煙出し人形、くるみ割り人形、クリスマスピラミッド、シュビップボーゲンなど、伝統工芸品のパーツとしても、利用されることになった。

お役立ちコラム

煙出し人形や専用のお香を通販でお探しなら【ショップ ダンケ】をご利用ください

店名 ショップ ・ダンケ
住所 〒630-0261
奈良県生駒市 西旭丘12-28-301
連絡先 0743-75-8641
URL http://www.office-danke.com/shop